フラット35金利と手数料は?

民間の住宅ローンでは団体信用生命保険の加入が貸し出し条件になっているので、指定された医療機関での健康診断が必要になりますが、フラット35では団体信用生命保険はオプション契約なので健康診断を受ける必要はありません。
又、民間の住宅ローンでは、団体信用生命保険の保険料は無料、もしくは金利に算入されていますから、支払いを意識しなくてすみますが、フラット35の場合は年に1回現金払いなので利用者に負担がかかります。
フラット35の団体信用生命保険料は1000万円の借り入れにつき35.
800円、三大疾病付機構団信は1000万円の借入につき54.
800円がかかります。
実際に借入れる際には1000万円なんて額ではないでしょうから、この数倍の保険料がかかるわけですね。