デイトレードは会社で勤めている方はするのが困難でしょう

私は、とある株式会社が株主に与える優待制度が貰いたいために株式投資を開始した初心者です。
つい最近、株式の売買をするのが苦痛に感じなくなってきました。
企業が株主に与える優待制度も様々あって、その会社のサービスが利用できたり、買い物をすると価格が割引になったりするので、どの銘柄に投資しようか悩んでしまいます。
株投資で失敗しない方法などといった記事や本をよく目にします。
けれども、絶対失敗しないということなんてありません。
でも、ちゃんと勉強して、ルールを考えた上で投資するなら、成功することもありえるのが株というものなのです。
失敗することを恐がったり、一度の失敗で諦めずに学んだところに、株の楽しみが待っていると思うのです。
株投資をやっている会社員は職場で勤務している時は相場をチェックすることはできないので、基本としてデイトレードのようなことは不可能です。
そのため、たくさんのサラリーマン投資家の方々は決算書を読み込み、割安の株を見つけ、投資しているとのことです。
株式投資をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告しなくてはいけません。
ただ、特定口座利用者であれば、このような税務に関する計算は金融機関が行ってくれますし、時には確定申告もいりません。
このため、株を始めたばかりの方にとって最もお勧めです。