住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要!

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査は大変厳しく行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、新生銀行の住宅ローンは組めません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印と諸費用も用意しておきます。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
だいたい、数十万単位〜数百万単位の金額が一般的の様です。
新生銀行の住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
この保険の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。
フラット35という名前の新生銀行の住宅ローンフラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点は住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の新生銀行の住宅ローンです。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
色々な面から審査されるそうです。
住宅ローンを組もうと思ったらまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど多くの金融機関で住宅ローンを組めます。
金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。
わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。

新生銀行住宅ローン借り換えデメリットは?【金利・審査の落とし穴】